2019年初トレードはUSDJPY!lot 数とリスクコントロール


久し振りにドル円のトレードしてみました♪

というのも、1月3日にappleが売上高予想引き下げを発表した事などがきっかけで、ドル円が大暴落していた事を知り、一旦戻した所で、再度ショートを入れました。

一時、含み益がでていたので、上がってももう一度下がるだろうとそのままにしていたのですが、じりじり上昇を続ける中、様子をみていたものの、

なんと、雇用統計の事を忘れていて、利確せず。

twitter でざわついていたので、気が付きました・・・><;

先に気付いていれば、サポートラインに達した時に、利益が出ていたので利確したのに~(後の祭りですね)

更に、ジブリの金曜日で、確率的に下がるかもしれないという事と、今回は、0.01lot を3ポジ持っていたのですが、少ロットで低リスクなのでそのまま様子をみる事にしました。

ところが、びっくり、雇用統計の発表では、米就業者数は31.2万人増、予想大きく上回り、順調に上昇していきました。

その後、パウェル議長のスピーチで、下がりながらもやはり順調に上昇し、すっかり損切タイミングを失いました。

私の読みでは、109.45円付近までは上昇する可能性があり、その後下げるとみているので、そのまま寝る事にしました。週明けどうなってるかな?

万一、マイナスになっても、取引所の「evolve markets」は、ゼロカットシステム追証はないので気が楽です。
まあ、BTC0.012(約5,000円弱)しか入金してないので、どんなに減ってもそれ以上減る事はありません。

いずれにしても、4時間足と日足をみると、下落基調なので、自分を信じてショートを入れているのですが、あの雇用統計をみて、何故ドテンしなかったのか、少し後悔はしています^^;

長期保有の場合は、スワップの事も考えてもたないと、ショートの場合は毎日マイナス金利がついてしまうので長期になる程、マイナスが大きくなります。

こういう時は、スワップでプラス率が高い通貨でロングを持つのがいいのです。
(仮想通貨は、SもLも毎日スワップ手数料が掛かりマイナスですが、法定通貨は、Lの場合、毎日金利がついてプラスになる通貨が多いのがメリットです。)

例えば、スワップ金利の高い、AUDJPY とか↓(Lでポジれば良かった)

しかし、資金が少なすぎて頭回らず、追加のポジションは断念しました。。本来なら、損切するのですが、今回は実験的にスウィングでずっと放置してます。どこまで待つことになるか1週間なのか、1ヵ月なのか、2ヵ月なのかはわかりませんが、追加入金はせず、様子をみようと思います。流石に、大きく動いた時は何かするかもしれませんが・・・
(普段は絶対に損切してます^^;)

lot数とリスクコントロールについて

しばらくBTCUSD トレードをしていたので、lot が仮想通貨と法定通貨とごちゃまぜになってしまっていたので、ここで改めてメモしておきます。lot って何?と思ったら、読んでみて下さい。

USDJPY
国内の取引所の場合、
1lot=10,000通貨(1万ドル)の事です。

USDJPY
海外の取引所の場合、
1lot=100,000通貨(10万ドル)

同じ1lot でも、通貨の枚数が違う場合があるので、事前に必ず調べましょう。1ケタ違うとかなり違います。

私の使っている、evolve markets は、
1lot=100,000通貨(10万ドル) です。

最小単位は、0.01lot から待てます。
0.01lot=1,000ドル
(1ドル=108円の時、108,000円)

法定通貨は、レバレッジ500倍なので、1 lotあたり、
108,000円÷500=216円

現在、0.01lot×3ポジション持っているので
216円×3=648円

648円で、3,000ドル(324,000円)持っている事になります。
evolve markets では、それをBTC で持っているので、

1ポジションあたりのビットコインは、
216円÷40万円=BTC0.00054 で持っている事になります。
※1BTC=40万円の時

よくFXのリスクについて「レバレッジが高いと怖くないですか?」と聞かれるのですが、実は、これは正確にいうと間違っていて、むしろレバレッジは高ければ高いほどリスクコントロールがしやすくなります。

実際にトレードをすると、ポジションを持つ際にレバレッジを入力する欄はなく、ロット数を入力しますよね。

レバレッジは、総資産に対しての取引量で決まり、取引後に「このトレードはレバレッジ◯倍だった」と算出されて、初めてレバレッジの倍率がわかるのです。

なので、リスクコントロールはロット数で行うという事になります。
ロット数が多いと、ハイレバレッジになり、結果ハイリスクになりますので覚えておきましょう。

リスクコントロールに推奨されているのは、多くても1度のトレードで資金の3%を損失許容量(損切り設定金額)とした方がよいとされているので、そこを意識しながらトレードを行うと良いでしょう。

仮にトレード資金が10万円だとしたら・・・
「10万円×3%=3,000円」最大の損切り額です。

トレード資金が100万円だとしたら・・・
「100万円×3%=30,000円」最大の損切り額です。

また、証拠金維持率も高いほどレバレッジリスクは低くなります。

証拠金維持率とは、ポジション必要証拠金に対して占める純資産額の割合のことで、
「(純資産額-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100」で算出されます。

100%を切った場合は、追加証拠金が発生し、
証拠金維持率が50%以下になると強制ロスカットが発生する事が多いです。

※追証(追加証拠金)とは、証拠金維持率が100%を下回っている場合に不足資金を期日までに入金しなければならない制度の事です。

海外の取引所では、追証が発生しないゼロカットシステムを取り入れている取引所が多いので安心です。どんなにマイナスになっても、自動的にゼロになり、なかった事にしてくれるので、不足資金を入金する必要はありません。

evolve markets は、 ゼロカットシステムなので、そこは安心しています。

MT4、MT5 では、ポジションを持つと証拠金維持率が自動計算され、表示してくれるので、とても分かりやすいですね。

■lot の詳細は、取引所のサイトに詳しく掲載されています。
参考に evolve markets の詳細ページURLをリンクしておきますのでチェックしてみて下さい。

【法定通貨】
https://evolve.markets/markets/forex/

【仮想通貨】
https://evolve.markets/markets/crypto/

【商品先物(Commodities)】
https://evolve.markets/markets/commodities/

【Index CFDs(株式・株価指数・債券)】
https://evolve.markets/markets/indices/

清水 明美

清水 明美

MT4のビットコインFX、仮想通貨・暗号通貨・ICO・現物投資、趣味と実益を兼ねた投資をしながら、自分なりに調べた内容を詳しく情報発信していきます。
仕事はweb関係。趣味は、仮想通貨トレード、FX、旅行、お酒❤
左の Facebook ボタンは、LINE@ お友達登録QRです。お気軽にお友達登録して下さい♪
清水 明美
スポンサーリンク
清水 明美

About 清水 明美

MT4のビットコインFX、仮想通貨・暗号通貨・ICO・現物投資、趣味と実益を兼ねた投資をしながら、自分なりに調べた内容を詳しく情報発信していきます。 仕事はweb関係。趣味は、仮想通貨トレード、FX、旅行、お酒❤ 左の Facebook ボタンは、LINE@ お友達登録QRです。お気軽にお友達登録して下さい♪

コメントを残す